民間学童保育を利用するメリットとは?受けられるサービスなどを紹介

サイトマップ

民間学童保育を利用するメリットとは?受けられるサービスなどを紹介

民間学童保育は保護者の受け入れ条件が細かくない

遊具で遊ぶ

学童保育と検討している時、公営学童保育と民間学童保育のどちらにするのか悩むことが多いものです。まず、公営学童保育の場合には、保護者が仕事をしていることや介護をしているなどの条件が細かく定められています。そのため、保護者が一時的に職を離れている場合には、在職ではないと判断されてしまうので申し込みができなくなってしまいます。また、介護をしている場合でも常時介護をしているわけではなく、実家の親を時々看ている場合には、受け入れ条件を満たしていないと判断されることも少なくありません。

なぜならば、公営学童保育は定員数が決まっているため、希望者すべての受け入れがしづらい自治体が多くなっているためです。しかし、民間学童保育と比べると料金が安いこともあるので、希望が殺到しやすい地域もあります。
その点、民間学童保育は受け入れに関して条件が細かく指定されていません。そのため、保護者の仕事の有無により、受け入れを断られることもまずありません。また、介護の頻度が常時ではないために公営学童保育の条件を満たさなかった方でも問題なく利用できます。

しかも、教育のプログラムも充実しており、学習面の強化を期待したい場合にも最適だと言えます。保護者の受け入れ条件が細かくないので、利用を早くしたい事情がある時にも何に反応が民間学童保育です。

NEW POSTS

TOPへ